TOP   業務用のお客さま   ガス料金のご案内

ガス料金のご案内

ガス料金について

ガス料金のしくみ

ガス料金は「基本料金」と「従量料金」から構成されています。原価の負担を公平にするため、使用量により区分を設け、使用量 が多くなると、基本料金は高くなり、従量料金単価は低くなる料金体系となっています。

ガス料金のしくみ

基本料金

基本料金は、月ごとのご使用量に応じて一定額お支払いいただく料金です

従量料金

従量料金は、ガスご使用量に応じてお支払いいただく料金です。

早収料金と遅収料金について

早収料金 早収料金は、検針日の翌日から起算して20日以内(早収料金適用期間)にお支払いいただく場合に適用される料金です。
遅収料金 遅収料金は、早収期間経過後にお支払いいただく場合に適用される料金で、早収料金を3%割増したものです。(早収料金と遅収料金の差額、遅収加算額は、翌月以降に請求するガス料金に加算して請求させていただきます。)

検針作業へのご協力のお願い

  • 検針作業のため、お客さまの敷地内に立ち入らせていただきますので、ご了承ください。
  • 犬を飼っていらっしゃる場合は、出入口やガスメーターから離れた場所につないでいただくようお願いいたします。
  • ガスメーターは計量器としてだけでなく、安全のための監視装置としての機能もありますので、いつも見やすい状態に保っていただきますようお願いいたします。
  • 「ガスご使用量のお知らせ」(検針時にお渡しする用紙)を使ってガス料金を集金することはありません。

ガス料金表

特別契約料金(選択約款)の場合

お問い合わせください。

原料費調整制度について

原料費調整制度とは、都市ガス原料であるLNG(液化天然ガス)およびLPG(液化石油ガス)の価格変動を毎月のガス料金に適切に反映させる制度です。

平均原料価格の算定

平均原料価格(円/トン)=LNG平均価格(円/トン)×0.93055(LNG混入換算係数)+LPG平均価格(円/トン)×0.07593(LPG混入換算係数)
※算定結果の10円未満は四捨五入します。

各月のトン当たりLNG平均価格およびトン当たりLPG平均価格は、ガス料金表をご覧ください。

変動額の算定

変動額(円)=平均原料価格(円/トン)-基準平均原料価格(円/トン)

※算定結果の100円未満は切り捨てます。
※基準平均原料価格は84,710円/トンといたします。

調整単位料金の算定

調整単位料金(円/㎥)=基準単位料金(円/㎥)±0.084円×変動額/100円×(1+消費税率)

※算定結果の小数点第5位以下は切り捨てます。
※0.084円は原料価格の価格変動100円につきガス1㎥あたり調整する金額です。
※基準単位料金とは、ガス小売供給約款、または、各種選択約款料金表に記載されている基準単位料金をいいます。

月々のガス料金への反映

原料価格の3ヵ月平均値を、中2ヶ月の間隔をおいて、次の1ヶ月分のガス料金に反映します。

月々のガス料金への反映